スポンサードリンク

大相撲 平成29年5月(夏)場所

5月場所 星取

5月14日より、両国国技館にて開催されます

初日は5月14日、千秋楽は5月28日までの15日開催となります

なお、チケットは4月8日より販売が開始されていますが、既に完売となりました

スポンサードリンク

大相撲 5月場所の見所

稀勢の里、北斗三兄弟の長兄、ラオウの化粧回しで土俵入り

稀勢の里が大関時代より親交のあった、漫画家の原哲夫先生が、稀勢の里の横綱昇進祝いに「北斗の拳」のキャラクターをあしらった化粧回しを贈呈。

同回しには、稀勢の里自身が好きなキャラクターである、ラオウを選び、また太刀持ちと露払いの化粧回しには、ラオウの弟となるトキ、ケンシロウをモチーフにした化粧回しが用意され、北斗三兄弟揃い踏みでの土俵入りが見られるとの事。

 

高安の大関昇進は果たして!?

5月場所を西の関脇で迎える高安。

1月場所を11勝4敗、3月場所では12勝3敗と、2場所連続での2桁勝利勝ち星を獲得。

今場所でも10勝以上をおさめ、優勝戦線に食い込んでいけば、大関昇進も見えてくるでしょう。

 

関取最年長、安美錦の幕内復帰なるか

現在、関取最年長となる38歳の十両、安美錦。

昨年の夏場所中にアキレス腱断裂の大怪我をしたものの、順調に回復を見せている模様。

最高位では関脇まで上り詰めた安美錦だが、昨年のアキレス腱断裂により、名古屋場所は休場。

秋場所では12年ぶりに十両へ陥落となってしまいました。

 

十両陥落後の成績は、

・平成28年9月場所 ・・ 8勝7敗

・平成28年11月場所 ・・ 8勝7敗

・平成29年1月場所 ・・ 5勝10敗

と、一進一退の成績。

3月場所には西十両12枚目まで番付を下げたものの、9勝6敗と好成績をおさめ、5月場所では最年長38歳での幕内復帰を掛けて挑みます。
スポンサードリンク

5月場所 番付表

幕内(中入り後)

番付 西
稀勢の里(先場所:13勝2敗) 横綱 鶴竜(先場所:10勝5敗)
日馬富士(先場所:10勝5敗) 横綱 白鵬(先場所:2勝3敗10休)
照ノ富士(先場所:13勝2敗) 大関 豪栄道(先場所:1勝5敗9休)
玉鷲(先場所:8勝7敗) 関脇 高安(先場所:12勝3敗)
琴奨菊(先場所:9勝6敗) 関脇
御嶽海(先場所:9勝6敗) 小結 嘉風(先場所:8勝7敗)
千代の国(先場所:9勝6敗) 前頭筆頭 遠藤(先場所:8勝7敗)
隠岐の海(先場所:10勝5敗) 前頭2枚目 千代翔馬(先場所:9勝6敗)
 大栄翔(先場所:11勝4敗) 前頭3枚目 碧山(先場所:8勝7敗)
 栃煌山(先場所:10勝5敗) 前頭4枚目 宝富士(先場所:7勝8敗)
 貴ノ岩(先場所:6勝9敗) 前頭5枚目 正代(先場所:4勝11敗)
 豪風(先場所:5勝10敗) 前頭6枚目 勢(先場所:5勝10敗)
 北勝富士(先場所:7勝8敗) 前頭7枚目 貴景勝(先場所:11勝4敗)
 松鳳山(先場所:5勝10敗) 前頭8枚目 蒼国来(先場所:4勝11敗)
 逸ノ城(先場所:6勝9敗) 前頭9枚目 輝(先場所:7勝8敗)
 栃ノ心(先場所:7勝8敗) 前頭10枚目 宇良(先場所:8勝7敗)
 荒鷲(先場所:3勝10敗2休) 前頭11枚目 石浦(先場所:7勝8敗)
 徳勝龍(先場所:8勝7敗) 前頭12枚目 琴勇輝(先場所:5勝10敗)
 豊響(先場所:10勝5敗) 前頭13枚目 大翔丸(先場所:7勝8敗)
 阿武咲(先場所:9勝6敗) 前頭14枚目 千代大龍(先場所:8勝7敗)
 妙義龍(先場所:6勝9敗) 前頭15枚目 魁聖(先場所:3勝7敗5休)
 豊山(先場所:9勝6敗) 前頭16枚目

スポンサードリンク

コメントを残す